メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

歩行者らがはねられた現場に花を供え、亡くなった母子を悼む親子連れ=東京都豊島区で2019年4月20日午前8時50分、渡部直樹撮影

 東京都豊島区東池袋の都道で乗用車が暴走し母子が死亡した事故から一夜明けた20日、現場には多くの花束が手向けられていた。

 今回の事故は板橋区弥生町の無職、飯塚幸三さん(87)が運転する車が約150メートル暴走。自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)がはねられ死亡したほか、8人が重軽傷を負った。

 近くに住む福澤有希子さん(40)は、自転車の後ろに次女咲真愛(さまあ)ちゃん(4)を乗せて現場を訪れた。「小さい子供を持つ母親として、人ごととは思えない。家族とは青信号でも車が来ないか確認してから渡ろうと確認し合った」と話した。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです