メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

満開の桜の下で人間将棋 5万4000人が観戦 山形・天童

満開の桜の下で指された人間将棋=山形県天童市で2019年4月20日午後1時51分、松尾知典撮影

 将棋駒生産量が日本一の山形県天童市で20日、恒例の「人間将棋」が始まり、武者姿の人間を将棋駒に見立て、巨大な将棋盤で女流棋士が対局した。満開の桜の下、盤上の熱戦を見ようと全国から約5万4000人が駆け付けた。

 宮宗紫野(みやそうしの)女流二段と加藤結李愛(ゆりあ)女流2級による対局。戦型は相居飛車の「角換わり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです