メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勾留却下 過去50年で最多の6000件 昨年は検察請求の5%

過去10年の勾留請求却下件数と却下率

 刑事事件で逮捕された容疑者の勾留請求について、全国の裁判所が必要性を認めず却下した件数が2018年に6000件を突破し、過去50年で最多となったことが最高裁への取材で明らかになった。却下率(検察の請求件数に対する却下件数の割合)も初めて5%を超え、5.89%に上った。とりわけ裁判員制度が始まった09年以降、却下率は上昇を続けている。同制度の導入を契機に、裁判所が身柄拘束の可否を厳格に審査する傾向が強まっていることが浮き彫りになった。

 最高裁のまとめ(速報値)によると、18年には全国の地裁と簡裁に計10万4720件の勾留請求があり、…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1361文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです