メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会本部撤去はいつ? 暴追センター買い取り可能に 売却益、活動資金流用の懸念も

市街地に建つ工藤会の本部事務所(手前)=北九州市小倉北区神岳で、本社ヘリから

 暴力団被害者の支援などに取り組む福岡県暴力追放運動推進センターの役割に「暴力団事務所の撤去支援」が加わった。北九州市が目指す特定危険指定暴力団「工藤会」(同市小倉北区)の本部事務所撤去に向けた布石だ。センターを介して事務所を買収することで暴力団への直接的な税金投入を避ける狙いがあり、水面下では市と工藤会との交渉も進む。ただ数千万円と見込まれる売却益が工藤会の活動資金に使われる懸念もあり、撤去実現の時期は見通せない。

 1992年の暴力団対策法施行に伴い都道府県に設置された暴追センターは、暴力団被害者の支援や相談、組…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです