メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波で流出 歌碑、岬に帰る 相馬で8年ぶり 「復興の一歩」 /福島

津波被害から帰ってきた歌碑の除幕をする関係者ら=福島県相馬市尾浜で

 東日本大震災による津波で流された、相馬市の景勝地、鵜ノ尾岬の歌碑が8年ぶりに元の場所に戻った。歌碑には相馬の景色や文化などを表現したご当地ソング「ふるさと相馬」の歌詞が刻まれている。20日に現地で除幕式があり、関係者らは「復興の一歩になる」と喜んだ。

 ふるさと相馬は、漁師町の活気、城下町としての歴史などを詠み込んだ歌。市民団体「ふるさと相馬を愛する会」が2002年、歌の冒頭に登場する鵜ノ尾岬に歌碑を…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです