吉川市

市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
透明な文字盤を使って意思を伝える高田泰洋さん(右)。視線と瞬きで指定する文字をヘルパーが読み取り、読み上げる=さいたま市の埼玉県庁で2019年4月16日、岡本同世撮影
透明な文字盤を使って意思を伝える高田泰洋さん(右)。視線と瞬きで指定する文字をヘルパーが読み取り、読み上げる=さいたま市の埼玉県庁で2019年4月16日、岡本同世撮影

 全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患い、重度訪問介護サービスを受けている吉川市の高田泰洋さん(43)が同市職員から暴言を受けた問題で、市は19日、中原恵人市長名で高田さん側におわびの文書を送付したと明らかにした。

 文書は、市職員の発言について「心よりおわび申し上げます」と陳謝したうえで、「当人の意図にかかわらず…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集