メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉川市

市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉

透明な文字盤を使って意思を伝える高田泰洋さん(右)。視線と瞬きで指定する文字をヘルパーが読み取り、読み上げる=さいたま市の埼玉県庁で2019年4月16日、岡本同世撮影

 全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患い、重度訪問介護サービスを受けている吉川市の高田泰洋さん(43)が同市職員から暴言を受けた問題で、市は19日、中原恵人市長名で高田さん側におわびの文書を送付したと明らかにした。

 文書は、市職員の発言について「心よりおわび申し上げます」と陳謝したうえで、「当人の意図にかかわらず…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです