特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 阿久津主税八段-佐藤康光九段 第45局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

裏の裏の大一番

 昨日までご覧いただいた通り、挑戦争いは豊島将之王位が、残留争いは三浦弘行九段が制した。本局は残留と降級がすでに確定している戦い。勝ち負けで大きな動きはないが注目度は高かった。阿久津のA級初勝利なるか。残留争いが挑戦者決定の裏の大一番なら、こちらは「裏の裏の大一番」だった。

 だが、A級18連敗という不名誉な記録がかかるとはいえ、当の阿久津からピリピリとした空気は感じられない。前日は朗らかな様子で、広大な対局場に「迷子になりそう」と笑顔を見せていた。

 本局が行われたのは浮月楼・明輝館1階の「清見の間」。佐藤は昨年も同じ部屋で戦った。最終戦を前に「より身が引き締まる思い。勝ち越しか負け越しかで来期の順位が違うかもしれないので、全力を出し切りたい」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文691文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集