メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

戦乱と民衆 /京都

 (磯田道史/倉本一宏/フレデリック・クレインス/呉座勇一共著 講談社現代新書 780円(税抜き))

 織田信長や豊臣秀吉といった戦国時代の英雄を扱った大河ドラマをきっかけに私自身、小中学生のころから歴史に親しんできた。従来の歴史が武将や為政者の武勇伝に偏りがちな中で、本書は国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の気鋭の研究者たちが、さまざまな時代に市井で暮らしてきた民衆の視点から、これまで注目されてこなかった歴史の新たな面を分かりやすく掘り起こしている。

 内容は2017年10月に日文研で開かれた公開シンポジウムでの報告と討論を元にしている。特に准教授の…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです