連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

地位の男女格差 変わらぬ日本 女性管理職、3割目指せ=長谷川眞理子・総合研究大学院学長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=藤井達也撮影
=藤井達也撮影

 私事で恐縮だが、私たち夫婦は、先日結婚42周年を迎えた。この間、世の中はずいぶん変わったが、世界の変化に比べて日本がもっとも変わっていないことの一つが、女性の地位ではないかと思う。我が家では、初めから家事は半々の分担であったが、世の夫の多くは、いまだに家事にはあまり関わらないらしい。1986年には男女雇用機会均等法が、99年には男女共同参画社会基本法が施行され、あらゆることにおいて、男女差別をなくす社会に向かったはずである。

 しかし日本では、物事を決める立場にある地位の女性の数が圧倒的に少ない。もちろん、日本でも良くなってはいるが、世界の変化はそんなものではない。日本は全くのガラパゴスである。データで示そう。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1757文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集