メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

西サハラの「国」招いて 新郷啓子 西サハラ・ヒューマン・ライツ・ウォッチ事務局(スペイン)

 今年8月に横浜で開催されるアフリカ開発会議(TICAD)を前に、モロッコ南部西サハラ地域の「サハラ・アラブ民主共和国」(SADR)の参加問題が物議を醸している。アフリカ連合(AU)では加盟国としての地位を認められているのに、日本がSADRを未承認のため、TICADに招かれていないのだ。

 西サハラの独立派住民が主体となって1976年に樹立を宣言したSADRは、84年にAUの前身であるアフリカ統一機構(OAU)に加盟し、アフリカでは主権国家として認められている。

 国連は91年、民族自決権行使のための住民投票を盛り込んだ和平案を作成し、有権者名簿も発表した。しか…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文946文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです