メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主要112社

採用計画 売り手市場に陰り 慎重姿勢、新卒に波及

 主要112社に2020年度(20年4月~21年3月)入社の新卒採用について尋ねた共同通信のアンケートでは、採用数を19年度実績(見込み)と比べて増やすと回答した企業が21%にとどまり、景気の先行き不安によって企業の新卒採用が慎重になっていることをうかがわせた。

 20年度入社の新卒採用に関するアンケートは、学生が就職活動を有利に進めることができる売り手市場に陰りが出てきたことを示した。主要112社の半数が採用数を前年度並みか減らすと回答した。日本経済の先行きによっては、採用を絞り込む主要企業がさらに増えそうだ。

 貿易を巡る米国との摩擦に苦しむ中国の景気減速などが響き、12年12月に始まった日本の景気拡大は既に…

この記事は有料記事です。

残り3090文字(全文3398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです