メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主要112社

採用計画 売り手市場に陰り 慎重姿勢、新卒に波及

 主要112社に2020年度(20年4月~21年3月)入社の新卒採用について尋ねた共同通信のアンケートでは、採用数を19年度実績(見込み)と比べて増やすと回答した企業が21%にとどまり、景気の先行き不安によって企業の新卒採用が慎重になっていることをうかがわせた。

 20年度入社の新卒採用に関するアンケートは、学生が就職活動を有利に進めることができる売り手市場に陰りが出てきたことを示した。主要112社の半数が採用数を前年度並みか減らすと回答した。日本経済の先行きによっては、採用を絞り込む主要企業がさらに増えそうだ。

 貿易を巡る米国との摩擦に苦しむ中国の景気減速などが響き、12年12月に始まった日本の景気拡大は既に…

この記事は有料記事です。

残り3090文字(全文3398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです