メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ルワンダ虐殺逃れ、福島に恩返し 命・力、二つの地から

仮設住宅の集会所で開催したクリスマスパーティーで、永遠瑠マリールイズさん(手前左)は手作りドーナツを振る舞い、参加者とあやとりをして遊んだ。集会所は終始、笑い声が響いていた=福島県二本松市で2018年12月19日、喜屋武真之介撮影

届いた<たすけて>

 その人の周りはいつも笑顔であふれている。

 東日本大震災から8年となった3月11日、福島県二本松市の仮設住宅にある集会所に、20人ほどの被災者が集まっていた。その中心にいるのは、内戦で80万人以上が虐殺されたアフリカ・ルワンダから福島市に家族と移り住んだ永遠瑠(とわり)マリールイズさん(53)。「皆さんは独りじゃない。生きていることに感謝し、ここで明日への活力を養いましょう」と流ちょうな日本語で語りかけた。

 東京電力福島第1原発事故直後から避難所や仮設住宅を回り、故郷を追われた人たちと交流してきた。温かいルワンダ産コーヒーと包容力ある人柄が評判を呼び、いつしか「ルワンダ・カフェ」と呼ばれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り4737文字(全文5051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです