メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

ロンドン 空港国際展示会 「国家の玄関口」守る ドローン対策、熱い視線

空港に近づく違法なドローンに特殊な電波をあてて飛行できなくさせてしまう「ドローン・ガン」=ロンドン市内で3月27日、三沢耕平撮影

 世界的に旅行需要が増大するなか、「国家の玄関口」となる空港間の競争が激化している。より快適で安全な空の旅をいかにして実現するか。空港インフラを支える最新技術が集結した国際展示会「パッセンジャー・ターミナルエキスポ」を訪ねた。

 展示会は3月26日から3日間、ロンドン・シティ空港に隣接するイベント会場で開催され、130カ国以上から業界関係者約1万人が来場。空港業務に携わる約350社が最新の製品やサービスを披露した。

 空港が抱える最大の課題は、テロや犯罪から乗客を守る安全対策だ。オーストラリアのドローンシールド社は…

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1848文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです