メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

昭和産業 肥料商から穀物カンパニーに

 小麦粉や天ぷら粉、食用油などで知られる大手食品メーカー。創業者の伊藤英夫(1887~1940年)は「農業の繁栄を通じて日本を豊かにしたい」との思いを「農産報国」という言葉に込め、現在にも通じる経営理念として掲げた。

 設立は36(昭和11)年だが、源流は大正時代。千葉県の漁村に生まれた伊藤は、幼いころから負けず嫌いで自立心が強かったといい、有力肥料商の下で経営を学んだ後、22(大正11)年に肥料販売店を開業。翌年、肥料の製造・販売を行う「日本加里(かり)工業」を設立した。直後の関東…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです