メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

昭和産業 肥料商から穀物カンパニーに

 小麦粉や天ぷら粉、食用油などで知られる大手食品メーカー。創業者の伊藤英夫(1887~1940年)は「農業の繁栄を通じて日本を豊かにしたい」との思いを「農産報国」という言葉に込め、現在にも通じる経営理念として掲げた。

 設立は36(昭和11)年だが、源流は大正時代。千葉県の漁村に生まれた伊藤は、幼いころから負けず嫌いで自立心が強かったといい、有力肥料商の下で経営を学んだ後、22(大正11)年に肥料販売店を開業。翌年、肥料の製造・販売を行う「日本加里(かり)工業」を設立した。直後の関東…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです