メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

死んだ夫の裏切り知った=回答者・高橋源一郎

高橋源一郎さん

 20年ほど前に息子に先立たれ、夫も3年前亡くなりました。夫の遺品から大変な裏切りを見つけ体の震えが止まりませんでした。小箱にペンダントと女性の家の合鍵があり、日記に女性のイニシャルと英語で「あなたに会えてよかった」と書かれていました。夫を大切に思ってきたのに、裏切りを責めることも苦しさを訴えるすべもありません。結婚していた65年間がむなしく、それでも遺影を片付けられない自分が分かりません。(88歳・女性)

 長く家族を顧みることがなかった父の下から母は去り、がんを患った父は病院で、看取(みと)る人もなく、…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです