メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池内紀・評 『飛族』=村田喜代子・著

 ◆『飛族(ひぞく)』

 (文藝春秋・2160円)

語り部が紡ぐ空と海と人の物語

 村田喜代子は現代の語り部である。一九七七年のデビュー以来四十二年、少しも筆力は衰えない。それどころか、一作ごとに広がりと深みを増していく。東京の空騒ぎとはほど遠いところ、北九州の一角に住みつづけ、じっと想をこらしている。

 このたびでは島の婆(ばあ)さん二人をめぐっている。といえばすぐに、二十年あまり前の卓抜な短篇「望潮」を思い出すだろう。「つ」の字に腰が曲がり、歩行器がわりに「手製の箱車」を押し歩く婆さんたち。海辺の道を車がすっとばす。そこへヨチヨチやってくる。いうところの「当たり屋」であって、車にひかれて死ねば、まとまった金を子や孫にのこしてやれる。そんなわけで、毎朝、「つ」の字の形の婆さんたちが、平ベたいカニのように家から出てきて、めいめい箱車を押しながら自分の持ち場へ散っていく。

 目を輝かせて読んだ。そしてこういう作家を同時代にもつことのしあわせを思った。

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文2065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです