メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱』『承久の乱 日本史のターニングポイント』

 ◆『承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱』=坂井孝一・著

 (中公新書・972円)

 ◆『承久の乱 日本史のターニングポイント』=本郷和人・著

 (文春新書・886円)

事実に基づき安易な価値判断排す

 話題になった『応仁の乱』や『観応の擾乱(じょうらん)』に続いて、「承久の乱」。掲題の2冊が同時期に刊行された。日本中世史好きの評者は、どれも精いっぱい熟読させていただいている。

 両書の趣旨は違うので、両方お読みになることをお勧めする。もちろんどちらにも、最新の史料批判で判明し…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです