プロ野球

広島9-2DeNA 広島・田中広、待望の一本 今季初打点、適時打

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

広島 カード初勝ち越し

 広島が大量得点で3連勝し、今季初のカード勝ち越しを決めた。三回に田中広の犠飛で先制し、四回に5長短打など打者一巡の猛攻で6点を加えた。先発・床田は球威があり、今季3勝目。DeNAは筒香の2打席連続ソロのみで、4連敗。

 打撃不振で苦しんでいたリードオフマンに、19試合目にして待望の一本が出た。広島の田中広が左犠飛で今季初打点となる先制点を挙げると、今季初適時打の中前2点適時打もマークした。

 三回1死三塁、2球連続でフォークを空振りし、スタンドからため息も聞こえた。3球目もフォーク。やや高かったのを逃さず、左翼へ何とか打ち上げた。俊足を飛ばして間一髪で生還した三塁走者・野間の好走塁に助けられ、「野間に感謝です」。ただ、これで気が楽になった。2点リードの四回2死満塁では「とにかく積極的に」と初球の低いカーブをすくって中前に運び、2者を還した。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文701文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集