メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勾留

「却下」最多6000件 昨年、検察請求の5%超 裁判所「裁判員」契機、慎重に

 刑事事件で逮捕された容疑者の勾留請求について、全国の裁判所が必要性を認めず却下した件数が2018年に6000件を突破し、過去50年で最多となったことが最高裁への取材で明らかになった。却下率(検察の請求件数に対する却下件数の割合)も初めて5%を超え、5・89%に上った。とりわけ裁判員制度が始まった09年以降、却下率は上昇を続けている。同制度の導入を契機に、裁判所が身柄拘束の可否を厳格に審査する傾向が強まっていることが浮き彫りになった。【伊藤直孝】

 最高裁のまとめ(速報値)によると、18年には全国の地裁と簡裁に計10万4720件の勾留請求があり、…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです