メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

サービスの一環? 客の情報、得意げに喋るな

=松尾貴史さん作

 以前、テレビのワイドショーで、スキャンダルが報じられた人物が通っていたレストランに、芸能リポーターが「突撃取材」のふりをして、もちろんあらかじめ取材を申し込んでいるのは店員がピンマイクを装着していることからも明らかなのだが、「こちらのお店に◎◎さんがよく来られていたという情報があるのですが」と訪問していた。店員も「ええ、□□さんとよくいらっしゃってますよ、だいたいいつもこちらの席で……」などと答えるのを見て、店は店でいい宣伝になるからと引き受けているのだろうけれども、私などは何度も訪れてくれている客の情報を、得意げに喋(しゃべ)るスタッフのいるような店には絶対に行きたくないと、その逆効果を期待して見てしまう。

 昔、箱根の有名高級旅館の予約が取れたのでいそいそと出かけたら、部屋に案内してくれたベテランとおぼし…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです