吉本とNTT「教育コンテンツ」世界発信へ新事業 芸人やゲーム活用も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に出席した(前列左から)小松純也さん、石戸奈々子さん、生沼教行・ラフ&ピース マザー社長、(後列左から)中村伊知哉氏、北川直樹・クールジャパン機構社長、大崎洋・吉本興業会長、澤田純NTT社長=那覇市で21日、油井雅和撮影
記者会見に出席した(前列左から)小松純也さん、石戸奈々子さん、生沼教行・ラフ&ピース マザー社長、(後列左から)中村伊知哉氏、北川直樹・クールジャパン機構社長、大崎洋・吉本興業会長、澤田純NTT社長=那覇市で21日、油井雅和撮影

 吉本興業とNTTは21日、教育コンテンツなどを発信する事業「ラフ&ピース マザー」を沖縄で始めると、「第11回沖縄国際映画祭」を開催中(同日まで)の那覇市で発表した。デジタルえほん作家の石戸奈々子さん(CANVAS社長、慶応大教授)や、NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」などで知られるテレビプロデューサー、小松純也さんも企画に参加する。

 事業の柱には、教育コンテンツ、アプリの制作、配信▽バーチャルなコンテンツ、アプリをリアルに体感できるアトラクション施設を沖縄に設置ーーなどを掲げている。「遊びと学び」をコンセプトに、官民ファンドの「クールジャパン機構」からも出資を受け、沖縄に事業運営会社「ラフ&ピース マザー」を設立。今秋以降の事業開始を目指す。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1322文字)

あわせて読みたい

注目の特集