メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火災で被害の夕張市博物館、修復に「ふるさと納税」による寄付募集

模擬坑道出入り口から上がる黒煙=北海道夕張市高松の夕張石炭博物館付近で2019年4月19日午後1時、土谷純一撮影

 北海道夕張市は18日に発生した市石炭博物館の火災で、展示施設だった地下の坑道に大きな被害が出たことから、ふるさと納税制度による坑道修復への寄付の募集を始めた。消防の注水で煙は収まったが、21日正午現在も鎮火は確認できず、修理や営業再開の見通しは立たない。

 坑道は明治時代に掘削された旧北炭夕張炭鉱の…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです