メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳の素根輝が2年連続優勝 柔道全日本女子選手権

【第34回皇后杯全日本女子柔道選手権】決勝で朝比奈沙羅(右)を攻める優勝した素根輝=横浜市中区の横浜文化体育館で2019年4月21日、宮武祐希撮影

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が21日、世界選手権東京大会(8~9月)の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われた。18歳の素根輝(そね・あきら)=環太平洋大=が2年連続2回目の優勝を果たした。大会連覇は塚田真希が2002~10年に9連覇して以来。素根は決勝で、昨年の世界選手権覇者の朝…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです