メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳の素根輝が2年連続優勝 柔道全日本女子選手権

【第34回皇后杯全日本女子柔道選手権】決勝で朝比奈沙羅(右)を攻める優勝した素根輝=横浜市中区の横浜文化体育館で2019年4月21日、宮武祐希撮影

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が21日、世界選手権東京大会(8~9月)の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われた。18歳の素根輝(そね・あきら)=環太平洋大=が2年連続2回目の優勝を果たした。大会連覇は塚田真希が2002~10年に9連覇して以来。素根は決勝で、昨年の世界選手権覇者の朝…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです