18歳の素根輝が2年連続優勝 柔道全日本女子選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【第34回皇后杯全日本女子柔道選手権】決勝で朝比奈沙羅(右)を攻める優勝した素根輝=横浜市中区の横浜文化体育館で2019年4月21日、宮武祐希撮影
【第34回皇后杯全日本女子柔道選手権】決勝で朝比奈沙羅(右)を攻める優勝した素根輝=横浜市中区の横浜文化体育館で2019年4月21日、宮武祐希撮影

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が21日、世界選手権東京大会(8~9月)の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われた。18歳の素根輝(そね・あきら)=環太平洋大=が2年連続2回目の優勝を果たした。大会連覇は塚田真希が2002~10年に9連覇して以来。素根は決勝で、昨年の世界選手権覇者の朝…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集