メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

科学 ブラックホール撮影 宇宙誕生のなぞに迫る

M87銀河の中心にある巨大ブラックホールの影(中央の暗い部分)をとらえた画像=国立天文台など国際研究チーム提供

[PR]

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん くらし医療部長いりょうぶちょう

 「ブラックホールをとらえた」という宇宙うちゅうかんする研究けんきゅう発表はっぴょうされ、日本にっぽんふく各国かっこく新聞しんぶんおおきくほうじられました。写真しゃしんで、ドーナツじょうなかにあるくろ部分ぶぶんがブラックホールで、宇宙うちゅうなぞ解明かいめいするがかりになると期待きたいされています。まいしょう読者どくしゃがいる地球ちきゅう宇宙うちゅう一部いちぶですね。わたしは「なぜわたしたちという存在そんざいがあるのか」という哲学てつがくてきなテーマのこたえをられないかなとおもいをはせています。

     ブラックは英語えいごではblack、ホールはholeと表記ひょうきし、それぞれくろあなという意味いみがあります。つまりブラックホールとは「くろあな」で、とてもつよ重力じゅうりょくっています。

     重力じゅうりょくというのは地球ちきゅうにもあります。わたしたちがジャンプしても地上ちじょうもどってくるのは、重力じゅうりょくによって地球ちきゅう中心ちゅうしん方向ほうこうられているからです。ブラックホールの重力じゅうりょくなんでもりこんでしまうほど強力きょうりょくで、ひかりせず、くら状態じょうたいになるわけです。

     ひかりがない状態じょうたいよるおなじように、ものがえにくいですね。ブラックホールも存在そんざいやく100ねんまえ予測よそくされていたのですが、なかなかその姿すがたをとらえることができませんでした。

     本間希樹ほんままれき国立天文台こくりつてんもんだい教授きょうじゅ日本にっぽんやアメリカなど17かこく地域ちいき研究者けんきゅうしゃは、ブラックホールの周辺しゅうへんからている電波でんぱをとらえれば、ブラックホールの輪郭りんかくかびがるとかんがえました。みなみアメリカのチリなど世界せかい6かしょ電波望遠鏡でんぱぼうえんきょう観測かんそく。また、観測かんそくデータから、高品質こうひんしつ画像がぞう技術ぎじゅつなども開発かいはつしました。その結果けっか地球ちきゅうからずっとずっととお場所ばしょで、今回こんかいのブラックホールの撮影さつえい成功せいこうしたのです。

     宇宙うちゅうにはたくさんのブラックホールがあるそうです。ブラックホールの特徴とくちょうることは、やく138おくねんまえ誕生たんじょうした宇宙うちゅう正体しょうたいさぐうえでとても重要じゅうようなのです。

     なお、地球ちきゅうちかくにはないのでまれる心配しんぱいはありません。


     医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966ねん岐阜市生ぎふしうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

    2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

    4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです