メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

禁輸猶予撤廃か イラン原油、日本など対象 米紙報道

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は21日、トランプ米政権がイラン産原油の禁輸から日本など8カ国・地域を除外した猶予措置を撤廃する方針を固めたと報じた。イランからの全ての輸入が制裁の対象となる。22日午前(日本時間同日夜)にポンペオ国務長官が発表する予定という。

 イラン核合意から離脱した米国は昨年11月、原油や金融部門などへの制裁を再発動。日本などには180日間の猶予を設け、輸入を限定容認してきた。イランは経済の根幹をなす原油…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです