メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦 第2局 角換わりの戦型

 <大和証券>

 佐藤天彦(あまひこ)名人(31)に豊島将之王位(28)が挑戦する第77期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)が22日午前9時、山口県萩市の松陰神社で始まった。双方が飛車先の歩を伸ばし合い、第1局の千日手局に続いて角換わりの戦型に進んだ。

 佐藤は4連覇、名人初挑戦となる豊島は王位・棋聖に続く三つ目のタイトル獲得を目指す。幕末の志士・吉田松陰が安政の大獄で獄死してから160年に合わせ、萩市などが実行委員会に入った記念事業の一つ。

 開始から1時間で30手進む超ハイペースになった。豊島が9五歩(29手目)、佐藤が6五歩(34手目)…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです