メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

銀製御簾造り手付きたばこ盆 歴史伝える道具を収集

 昭和初期、日本の喫煙の風景は大きな過渡期にあった。明治維新に続き、西洋の技術や風俗が国内にどっと流入。「文明開化」の名のもと、ちょんまげ頭はザンギリ頭に、行灯(あんどん)は電灯に、和装は洋装に、次々と変化していった。たばこの楽しみ方も例外ではなかった。江戸時代に主流だった刻みたばことキセルのスタイルは徐々に廃れ、都市を中心に紙巻きたばこが人気を獲得していった。マッチと灰皿があればいい。手入れに手間がかかるキセルはもとより、場所を取るたばこ盆は、もういらなくなった。

 そんな中、伝統的な喫煙具の散逸や喫煙習慣の忘却を憂えたのが、1932年に大蔵省専売局長官に就任した佐々木謙一郎だった。「たばこの歴史を伝える道具や絵画を収集せよ」。大号令をかけ、集めに集めた。浮世絵あり、絵巻あり、たばこ入れあり。喫煙にまつわるものなら何でも。好きこのみも、ジャンルの制限もない。収集の主体はその後、日本専売公社や現在のたばこと塩の博物館へと変わったものの、所蔵品は今日まで約4万点…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです