メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

1×0.9×0.9×…=永山悦子

 数学者で人工知能(AI)研究者の坂内(ばんない)健一・慶応大教授は父方、母方両方の祖母も数学徒だった。さらに母も数学者、学生時代に出会った妻は生命科学の研究者。「女性の方が頭が良いと思って育った」と振り返る。だが、実世界は違った。国内で理系、中でも数学を研究する女性は少なく、今をときめくAI研究界も女性の割合がかなり低い。

 「女子はやる気をそがれる機会が多い。『数学なんてできなくていい』と。1回の言葉は、やる気を1割減ら…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです