メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

歴博「先史・古代」展示を一新 新年代が変える定説

リニューアルされた縄文時代のコーナー=国立歴史民俗博物館で、伊藤和史撮影

 国立歴史民俗博物館(歴博、千葉県佐倉市)の「先史・古代」(旧石器時代~平安時代中期)の常設展示が1983年の開館以来、初めて全面リニューアルされた。最大のポイントは、最新の年代観で全体を構成し直したことである。日本列島の人々の暮らしの様相が一新され、刺激的だ。

 歴博は、放射性炭素(C14)年代測定に基づく年代研究に意欲的で、特に出土土器に付着した炭化物の年代測定に傾注してきた。2003年には、弥生時代の開始時期を通説より500年も早い紀元前10世紀だと発表して論争を巻き起こした。

 その後もデータを蓄積した結果、今回、展示の根拠となった各時代が始まる時期は次のように算出されている…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです