メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 インドの叡智展ほか

 ■インドの叡智展

 5月19日まで、東京都文京区本駒込2の東洋文庫ミュージアム(03・3942・0280)。マハトマ・ガンディー生誕150周年の記念展。1070年の「法華経」(サンスクリット語)書写や歌川国芳の「人形之内 唐天朝三美人」(1856年)などの資料を通じ、いにしえのインダス文明から20世紀半ばの独立まで、インドの壮大な歴史を紹介する。火曜休館(4月30日は開館し、5月7日休館)。一般900円。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文958文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです