連載

犬が西向きゃ

国際報道に優れたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した、高尾具成編集委員のコラム。

連載一覧

犬が西向きゃ

カメレオンの匂い=高尾具成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アフリカ大陸南端の南アフリカに赴任していた特派員時代、インド洋に浮かぶ島国マダガスカルを訪ねた。キツネザルなどの原猿類が有名で、生きものの多くが固有種だ。世界で150種以上ともいわれるカメレオンの約半分の種も生息している。

 カメレオンは周辺環境に合わせて体色を変え、両方の目を別個に動かすこともできる。しっぽで小枝などにつかまるのも得意で、愛嬌(あいきょう)があるだけでなく、舌を伸ばして虫などを捕る姿は華麗でさえある。

 だが、それ以上に驚いたのは、この島で出会った観光案内人のモリーユだった。カメレオンの匂いをかぎ分ける才能を持っていたからだ。ちなみに、のんびりとしていて、もうけ話に「鼻が利く」タイプではない。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文919文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集