メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

桂かい枝 繁昌亭大賞受賞で記念の独演会 落語ファンの「入り口」に

落語家の桂かい枝=神戸市兵庫区で、平川義之撮影

 昨秋、第13回繁昌亭大賞を受賞した桂かい枝が、記念の独演会を5月9日に天満天神繁昌亭(大阪市北区)で開く。5月20日からの繁昌亭昼席では、受賞記念ウイークとして1週間トリで登場。客層を問わず確実に笑いを巻き起こす爆笑派として知られ、近年は人情噺(ばなし)にもウイングを広げる。「寄席でトリを取る存在だというお墨付きをいただいたし、『だからこそちゃんとやれよ』という意味でもあると思う。受賞を機に、さらに気合が入りました」と語る。

 繁昌亭大賞は、上方落語協会に所属する芸歴25年以下の落語家の中から、年間を通じ活躍した落語家に贈ら…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. はやぶさ2 危険伴う2回目のリュウグウ着陸「するか」「しないか」惑星協会がメッセージ募集
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです