メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年、英) 愛が憎しみに変わるのは

 なんて仏教的! 英国小説が基になった映画を見て、そう驚きました。

 舞台は1956年の英国。巨万の富を築いた大富豪が自宅で毒殺されます。犯人は豪邸に同居する一族の中にいると考えた孫娘ソフィア(ステファニー・マティーニ)はスキャンダルになることを恐れ、警察が動き出す前に調べてほしいと元恋人の探偵・チャールズ(マックス・アイアンズ)に調査を依頼します。容疑者は、被害者の前妻の姉、若い後妻、息子夫婦に孫たち。依頼したソフィアを含む9人それぞれに、遺産などの動…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです