メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

芦屋市長選、伊藤氏初当選 市民とまちづくり訴え 姫路市長に清元氏 /兵庫

兵庫・芦屋市長選で当選を決めて支援者と青いハンカチを掲げて喜ぶ伊藤舞氏(後列中央)=同市業平町で2019年4月21日午後11時59分、近藤諭撮影

 統一地方選後半戦は21日投開票された。姫路、芦屋両市長選は現職が引退し、新人同士の一騎打ちに。それぞれ市政の新しい顔が決まった。9市議選と3町議選(1補選を含む)では新議員が次々決まった。選挙戦では人口減少時代を見据えたまちづくりや子育て支援などで論戦が繰り広げられた。議員選では県議選・神戸市議選で勢力を維持した維新や統一選初挑戦の立憲民主の獲得議席なども注目された。【統一地方選取材班】

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです