メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

尾道市長、平谷氏4選 呉・東広島・尾道市、新議員決まる /広島

広島・尾道市長選で4選を決め万歳する平谷祐宏氏(中央)=同市高須町で2019年4月21日午後9時33分、渕脇直樹撮影

 統一地方選の後半戦は21日、投開票された。尾道市長選は現職の平谷祐宏氏(66)が3新人を破って4選を果たし、8年ぶりの選挙戦となった三次市長選は新人の福岡誠志(さとし)氏(43)が激戦の末、初当選を果たした。4人が立候補した大崎上島町長選は3選を目指す現職の高田幸典氏(66)が制した。呉、東広島、尾道の3市議選と熊野、坂両町議選も新議員が決まった。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです