メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国際観艦式

海自艦7年ぶり訪中 米艦は見送り あす

国際観艦式に参加するため、入港する海上自衛隊の護衛艦「すずつき」=中国・青島で21日、共同

 【北京・河津啓介】中国海軍創設70周年に当たる23日、山東省青島付近の海上で国際観艦式が開催される。国営新華社通信によると、海軍が20日発表した式の概要で、新型の駆逐艦や原子力潜水艦を公開することを明らかにした。10カ国あまりの艦艇が参加し、海上自衛隊も護衛艦を派遣。一方、米海軍は前回艦艇を派遣したが、最近は台湾や南シナ海を巡り中国との対立が深まっており、艦艇や高官の派遣を見送る方針。

 中国で大規模な国際観艦式を開催するのは2回目で、10年前の海軍創設60周年式典以来となる。中国軍か…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文904文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです