メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特定秘密保護法

5年目 情報監視審査会、活動手探り状態

衆院情報監視審査会で2018年の年次報告書を全会一致で決定する委員たち=国会内で3月26日、川田雅浩撮影

 安全保障に関わる国の重要な情報を厳格に管理することを目的にした特定秘密保護法が2014年12月に施行されて、今年で5年を迎える。国民に情報を閉ざす代わりに、衆院の情報監視審査会の委員を務める8人の議員が国民の代表として監視役を担っている。しかし審査会が先月提出した18年の年次報告書には、目新しい指摘や新たな発見は少なかった。監視活動は、なお手探り状態だ。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです