特集

公文書クライシス

「国民の共有財産」と法でうたわれる公文書。国や自治体での実情を改めて掘り下げるシリーズを掲載します。

特集一覧

公文書クライシス

記録残さぬ首相官邸 敗戦後、公開恐れ慣習化 御厨貴・東京大客員教授に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=和田大典撮影
=和田大典撮影

 首相官邸が安倍晋三首相と省庁幹部の面談記録を1年未満で廃棄し、省庁側も議事録などを十分に残していないことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。政府の公文書管理委員会の初代委員長を務めた御厨貴・東京大客員教授は「背景には、記録を残さない政治文化と歴史に対する責任感の乏しさがある」と指摘する。【大場弘行、松本惇】

 --なぜ記録は残されないのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1072文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集