メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

新元号の由来論争 「漢字文化圏」意識の機会に=武田徹

 新元号「令和」の評価が割れている。

 その発表に際して政府は大伴旅人(おおとものたびと)の作とされる万葉集の一節に由来し、国書を典拠とする初の元号だと説明した。

 それに対して万葉集の「令和」の記述には中国の「文選(もんぜん)」に収められた文人・張衡(ちょうこう)の詩句の影響があるという指摘が識者から寄せられる。

 こうした展開がすぐに学説の域を超えて政治色を帯び、社会的な分断を導く。それが現代日本の言論メディア…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです