特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 阿久津主税八段-佐藤康光九段 第45局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

強気な棋士

 前夜祭で鈴木大介常務理事は「本来なら会長の佐藤があいさつするところですが、現役バリバリのA級棋士ということで私が」とあいさつ。図では「居玉がこわすぎる」と強気なプレーに驚いていた。当の佐藤、頭の後ろの髪がぴょこんと跳ねていた。きちんとした「会長」ではなく、寝ぐせもいとわない「棋士」の佐藤の感じがした。

 図は手が広い局面。[先]5六銀[後]6二玉[先]4五銀[後]同銀[先]同歩に[後]3三桂なら[先]4四歩[後]同歩[先]4三角[後]4五角(参考図)で「次の一手の初段コース」と副立会人の畠山成幸八段。正解は[先]5三銀。[後]同玉は[先]6一角成、[後]7二玉は[先]4四銀成だ。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文696文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集