メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 個人戦開幕 「最後の世界」水谷挑む

サングラスをかけて練習をする水谷隼=大西岳彦撮影

 【ブダペスト田原和宏】卓球の世界選手権(個人戦)が21日、開幕した。初日は男女シングルス予選などが行われたが、全員が本戦から出場の日本選手の試合はなかった。

「一試合一試合が勝負」

 2020年東京五輪を最後に、日本代表から引退することを公表している29歳の水谷隼(木下グループ)にとって世界選手権のシングルスは8回目の今回が最後になる。組み合わせは3連覇を狙う馬竜ら中国勢が集まる厳しいブロックに入ったが「一試合一試合が勝負だと思っている」と力をこめる。

 20日の抽選会は上位シードの選手が招待されて行われ、出席した張本智和(同)が招待から漏れた水谷の分…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです