メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

日本室内選手権 東京で輝くため 12歳玉井、最年少V 超新星、扉開くロケット成長

 水泳の世界選手権(7月・韓国)の代表選考会を兼ねた日本室内選手権の最終日は21日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みで中学1年の12歳、玉井陸斗(JSS宝塚)が474・25点で初優勝した。飛び込みの国内主要大会で史上最年少での優勝となった。玉井は日本水泳連盟が定める派遣選考基準を突破したが、国際水泳連盟による年齢制限(12月31日時点で14歳以上)により、世界選手権への派遣は見送られる。

 女子シンクロ高飛び込みは安田舞(エリートアカデミー)、金戸凜(セントラルスポーツ)組が260・52…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです