東京都北区長選 84歳“最年長”花川氏が5選 49歳年下の音喜多氏ら破る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
当選確実とし支援者と喜ぶ花川与惣太氏(中央)。21日が84歳の誕生日とあってバースデーケーキも用意された=東京都北区で2019年4月21日午後11時39分、山下浩一撮影
当選確実とし支援者と喜ぶ花川与惣太氏(中央)。21日が84歳の誕生日とあってバースデーケーキも用意された=東京都北区で2019年4月21日午後11時39分、山下浩一撮影

 「年の差対決」となった東京都北区長選は、全国区市長で最年長の花川与惣太(よそうた)氏(84)が、49歳年下となる元都議で地域政党「あたらしい党」代表の音喜多駿(おときた・しゅん)氏(35)ら新人2人を退け、5選を決めた。21日は花川氏の誕生日で、自ら当選で花を添えた。

 選挙戦は、ネット上で積極的な発信を行い…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文327文字)

関連記事

あわせて読みたい