メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺市長が辞職届提出 政治資金2億3000万円不記載 6月11日までに市長選は

山口典子・堺市議会議長(左から2人目)に辞職届を提出する竹山修身・堺市長(右)=堺市役所で2019年4月22日午後1時、梅田麻衣子撮影

 堺市の竹山修身市長は22日、政治資金収支報告書の記載漏れが相次いで発覚した問題を受け、30日付の辞職願を市議会議長に提出した。今年2月、竹山氏の後援会の収支報告書に615万円分の不記載が発覚して以降、資金管理団体などの報告書にも不記載があることが次々に判明。収支の不記載額は約2億3000万円に膨らみ、会計帳簿をつけていなかったことも自ら明かし、辞職は避けられない状況になっていた。議長から市選管に辞職が通知され、市長選は6月11日までに行われる。

 竹山氏は22日午後、記者会見して謝罪し、「政治資金規正法の適切な運用に誤りがあり、管理監督の責任を…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです