産学とも「通年採用拡大を」 外資との競争にらみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
採用の多様化の例
採用の多様化の例

 経団連と大学による産学協議会は22日、従来の春の新卒一括採用に加え、通年採用の拡大など、多様な採用形態に移行すべきだとの提言をまとめた。経団連の中西宏明会長は記者会見で「一括採用した大量の人を(一から)訓練する考え方は、時代に合わない」と指摘。採用多様化でグローバル化やIT化に適した人材獲得を目指す考えを示した。提言は学業重視方針も盛り込み、大学側も同調したが、実現までには紆余(うよ)曲折も予想される。

 国内市場の大きな伸びが見込めない中、中西氏が会長を務める日立製作所をはじめ日本の大企業の多くは事業のグローバル化に成長を求めている。米欧の大学院などで専門知識を身につけた人材の必要性が高まっているが、人材獲得競争でライバルの外資などの後手に回っている。

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文1990文字)

あわせて読みたい

注目の特集