メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド太平洋地域への健全な投資を日米パートナーシップで 米大使とクーンズ議員が寄稿

ハガティ駐日米大使=在日米国大使館提供

 ハガティ駐日米大使と、米上院外交委員会のメンバーで来日中の民主党のクーンズ議員(デラウェア州選出)が連名で、インド太平洋地域での日米連携の重要性について寄稿した。

  ◇    ◇

 日本と米国は70年にわたり、世界平和と繁栄への決意の下に築いてきた、強固な同盟関係と経済パートナーシップを享受している。世界の変化とともに、日米のパートナーシップも拡大発展してきた。今日では、日米同盟はかつてないほど強まり、我々は共通の価値観とリソースを、世界の新興市場に集中的に投じている。日米は今週、開発ニーズへの対応と民間投資への支援を行うため、エネルギーとデジタル協力に関する2国間協議を東京で開催する。

 近代的なインフラを整備する投資ニーズが、各国で高まっている。また、地域社会を盤石にし、雇用を生み出…

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1945文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです