メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スリランカ同時テロ 背後に国際的テロ組織関与か

爆発テロがあったコロンボで警戒にあたる治安部隊=スリランカのコロンボで2019年4月21日、AP

 スリランカ最大都市コロンボなどで21日に起きた連続爆破テロ事件で、スリランカ政府は国際的なネットワークも関与した形での地元イスラム過激派による犯行との見方を強めている。一方、事前に警告が出ていたにもかかわらず、テロを防げなかったことについて、政府の対応が不十分だったと指摘する声も出ている。

 【カイロ篠田航一、ジャカルタ武内彩】スリランカ政府報道官は22日、国内のイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」による犯行との見方を示した。ただ、その根拠については明確にせず、「彼らに対する国際的な支援について調査を進めている」と述べ、国際的な過激派グループと関係している可能性が高いとも強調した。

 NTJは比較的新しい団体で、国内の主流を占める仏教徒に対する反発から、仏像を破壊するなどの活動をし…

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1963文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです