メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

 神戸市中心部にあるJR三ノ宮駅前(同市中央区)で21日、市営バスが横断歩道の歩行者を次々とはね、男女2人が死亡、6人が重軽傷を負った事故で、バス側の信号が赤の状態で、低速で横断歩道に進入していたことが、捜査関係者への取材で判明した。バスに搭載されたドライブレコーダーに映っていた。現場に目立ったブレーキ痕は残っておらず、兵庫県警は何らかの事情で制御できなくなったとみて詳しく調べている。

 事故は21日午後2時ごろ発生。県警は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、運転していた市交通局職員、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を逮捕した。大野容疑者は「ブレーキを踏んだ状態で発進しようとしたら、急発進した」と供述している。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです