メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

 神戸市中心部にあるJR三ノ宮駅前(同市中央区)で21日、市営バスが横断歩道の歩行者を次々とはね、男女2人が死亡、6人が重軽傷を負った事故で、バス側の信号が赤の状態で、低速で横断歩道に進入していたことが、捜査関係者への取材で判明した。バスに搭載されたドライブレコーダーに映っていた。現場に目立ったブレーキ痕は残っておらず、兵庫県警は何らかの事情で制御できなくなったとみて詳しく調べている。

 事故は21日午後2時ごろ発生。県警は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、運転していた市交通局職員、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を逮捕した。大野容疑者は「ブレーキを踏んだ状態で発進しようとしたら、急発進した」と供述している。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです