メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

可愛らしさ決め手?こにゃん市長選で新人ジャック初当選

第9代こにゃん市長に就任した「ジャック」=滋賀県湖南市中央1のサンライフ甲西で2019年4月22日午後2時49分、礒野健一撮影

 滋賀県湖南市のどこかにある動物たちの仮想都市「こにゃん市」の第9代市長を決める市長選が22日開票され、「新人」の「ジャック」(雄1歳)が初当選した。サンライフ甲西(中央1)であった当選証書授与式に臨んだジャックは、大役にも落ち着いた様子で早速、大物ぶりを見せていた。

 こにゃん市長選は、湖南市が動物愛護と観光振興を目的に2011年にスタート。今回は猫7、犬1の「新人」計8匹が立候補し、3月22日の「告示」から1カ月間の熱戦を展開した。統一地方選と参院選が重なる「亥年(いどし)選挙」の今年は注目度も高く、投票総数は…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです