メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹山堺市長が辞職会見「信頼失墜、深くおわび」 政界引退を明言

辞職願を提出後、記者会見で謝罪する堺市の竹山修身市長=堺市堺区の堺市役所で2019年4月22日午後5時1分、幾島健太郎撮影

 竹山修身市長は22日午後5時すぎ、市役所内で辞職の記者会見に臨んだ。「市政の信頼を失墜させたことを深くおわびします」と言い、深々と10秒間ほど頭を下げた。「資金管理に多大な誤りや不備があったのは事実。潔く身を引く。政治の世界は引退する」と述べた。

 約80人の報道陣を前に、ややこわ張った顔つきで会見場に入った。辞職は「昨日夕から深夜に熟慮した結果」と説明。支出の二重計上が大きな要因とし「会計の専門家を雇用して信頼性、正確性が高いものができると思っていた。ほぼ100%と申し上げたのに…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです